若手社員レポート

様々な知識を得るために八十二証券では若手社員の社外研修制度を実施しています。
このページでは社団法人金融財政事情研究会のFP養成セミナーに参加し、
セミナー参加後にFP1級の資格を取得した、荒川直道さんに登場していただきます!

まずはご挨拶から

荒川直道

こんにちは。荒川直道と申します。
 私は入社2年目の10月から2ヵ月間FP養成セミナーに参加しました。初任店の松本支店を経て、現在は佐久支店に所属しております。

FP養成セミナーとはどのようなものですか?

 FP養成セミナーに参加し40日間の研修を受けました。弁護士や税理士の方が講師となり、座学形式やグループワーク等を通じて、FP1級学科試験合格相当の実力を身に付けていきます。毎朝前日の講義内容の確認テストがあり、各分野終了時には習得度テスト、また、最終日には修了認定試験もあるので、毎日の復習が欠かせませんでした。学生の頃にも増して、集中して勉強したと思います。
 当社以外の金融機関の方も参加されていたため、普段交流する機会のない方々と情報交換できる貴重な場でもありました。実際に現場で役立つ知識を教えていただけるので、単なる試験対策だけではない、大変有意義な時間を過ごすことができました。

セミナーを受講した感想は?

 2ヶ月間という短い期間でさまざまな知識を習得するハードな研修でした。しかし、試験対策だけでなく、実践的なケーススタディーも豊富で、実際にお客様とお話しをする中で活用できると思います。FPが関わる業務は、年金や保険、金融商品等幅広く、特に事業承継に関しては、県内でも喫緊の課題と考えておられるお客様が非常に多くなっています。お客様のニーズを的確に捉えて、お客様に付加価値をご提供する営業を目指すにあたり、セミナーは非常に有意義だったと思います。

今後の展望をお話し下さい

 研修で学んだ知識を向上させ、お客様ニーズにあった金融商品をご提案していきたいです。経済情勢は刻々と情報が変化していくので、常に学ぶ姿勢を忘れずに、お客様に有益な情報を提供していきたいと思います。
 八十二証券は、各種研修も充実しており、本人の意欲・向上心次第でチャンスを与えてくれる会社です。興味をもたれた方は、是非当社にエントリーして下さい。

トップへ

商号等:八十二証券株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第 21 号
加入協会 :日本証券業協会 一般社団法人 日本投資顧問業協会